文化プログラムプレスセンターは、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け各地の自治体、公的団体が実施する文化プログラムをはじめ、コミュニティーの文化・歴史をテーマにした祭り、企画・イベント、文化財を地元の中学生・高校生を中心に10代の学生が取材する活動です。

地域文化を発掘・再発見しながら記事や手作り新聞などにして地域文化の魅力を発信し、地元の活性化につなげるこの活動は各地でスタートし、全国22都府県で計50回以上実施しました。すばらしい新聞や記事が参加学生によって続々と生み出されています。

こうして制作された新聞を公開し、アーカイブするのがこの専用ウェブページ「文化プログラムプレスセンター」です。

効果

  1. 地域文化の振興
    地域文化の取材を通じて魅力を発見し、地元に誇りを持つことにつなげます。
  2. キャリア教育
    さまざまな文化の担い手と対話することで、仕事や働くことの意義を理解する契機になります。
  3. 社会貢献
    取材や新聞での発信を通じて地域と人びとを元気にします。
  4. メディアへの理解
    記事にして発信するためのルールやマナーを学び、新聞の役割に対する理解を深める機会になります。
  5. アクティブラーニング
    2020年、教育現場での「主体的・対話的で深い学び」を先取りした取り組みとして注目されています。